難消化性デキストリンの基礎知識

難消化性デキストリンの適切な摂取量と過剰摂取量

難消化性デキストリンは、水溶性食物繊維の一種で、食品です。食品は薬ではないため、食べ過ぎたからといってただちに問題が起こるというものでもありませんが、やはり、健康のためにある程度の摂取基準が設けられているものもあります。そこで、ここでは難消化性デキストリンの摂取目安量についてご説明します。

続きを読む

難消化性デキストリン摂取のタイミング

ダイエットや血糖値の上昇予防、整腸作用など、様々な健康に良い効果があるとされている難消化性デキストリンですが、摂取方法やタイミングに決まりはあるのでしょうか。難消化性デキストリンの効果をより効果的に得られる摂取方法についてご説明します。

続きを読む

難消化性デキストリンに認められた効果とは

特定保健用食品や機能性表示食品にも利用されることの多い難消化性デキストリンですが、実際にはどのような効果が認められているのでしょうか。ここで、改めて難消化性デキストリンを摂取することで得られる効果や特徴について考えてみましょう。

続きを読む

機能性食品とは?特保とは何が違うの?

多くのコンビニやスーパー、ドラッグストアなどで見かける「機能性表示食品」ですが、これは「特定保健用食品」と呼ばれる「トクホ」とはどう違うのでしょうか。この二つの表示がどのような食品に付けられているのか、また、その効果やふたつの違いについてご説明します。

続きを読む

難消化性デキストリンと便秘解消の関係

便秘や下痢など、お腹のトラブルを抱えている方は少なくありません。人には相談しにくいこともあるこうしたお悩みは、薬に頼るのではなく、できれば食事から改善していけるようにしたいものです。そこで注目したいのが、難消化性デキストリンです。

続きを読む

難消化性デキストリンとは

「難消化性デキストリン」は、健康食品などに詳しい方以外には、あまり聞き覚えのない言葉かもしれません。しかし、そんな方でも、知らず知らずのうちに難消化性デキストリンを摂取していることがあるかもしれません。難消化性デキストリンとはなんなのか、また、どんな働きをするのか、ご説明します。

続きを読む

難消化性デキストリンは痩せる?痩せない?

厚生労働省による、平成27年「国民健康・栄養調査」によると、20歳から60歳代の男性の31.6%、40歳から60歳代の女性の20.5%が肥満であるということです。美容に気を使っている女性のみならず、健康のためにも、肥満を解消して痩せることが大切です。
そこで、難消化性デキストリンのダイエット効果について考えてみましょう。

続きを読む

難消化性デキストリンがお腹の調子を整えるメカニズム

便秘や下痢、頻便、腹痛など、お腹にまつわる悩みはたくさんあります。こうしたトラブルは、日常生活にも大きな影響を及ぼしますし、肌状態を悪くしたり、ダイエットの妨げになったりすることも少なくありません。腸の調子を整えて、健康的な生活を送るためにはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

続きを読む

難消化性デキストリンが中性脂肪を抑えるメカニズム

中性脂肪は、食事で摂取した炭水化物や脂肪などを元に体内で作られる脂質を表す言葉です。脂っこいものや炭水化物を摂りすぎると太るというのは、こうした中性脂肪が増加して皮下脂肪になってしまうからなのです。
中性脂肪を減らし、脂肪の増加を防ぐためには、難消化性デキストリンがお勧めです。

続きを読む

難消化性デキストリンが血糖値の上昇を抑えるメカニズム

「血糖値」というのは、血液の中のブドウ糖(血糖)の量を示す言葉です。健康診断などでよく耳にする言葉で、血糖値が高い状態が継続すると、糖尿病や心臓病、高血圧など様々な病気や、肥満、老化の原因にもなります。血糖値が上がってしまう原因や、難消化性デキストリンとの関係について考えてみましょう。

続きを読む